整形外科
腰痛に悩んでいる方へ   漢方をご希望の方へ   針治療による診療について

整形外科

変形性疾患

変形性疾患変形性頚椎症、腰椎症,関節症は加齢によって、骨とその周囲支持組織が変性や摩耗を起こし、骨は摩耗に耐える様に骨が硬くなったり、骨棘ができたり、周囲の靭帯が肥厚したりして、全体が変形していくものです。その骨棘、肥厚しました靭帯等周囲の神経、血管を圧迫し、痛み、痺れなど神経症状を引き起こします。

椎間板ヘルニアは椎間板内容物が後方の繊維輪を破って突出し、神経を圧迫して症状を引き起こします。
腰椎すべり症は腰椎体とその周囲支持組織変性によって、椎体は本来の位置から移動してしまった疾患です。
変形性頚椎症、腰椎症、腰椎間板ヘルニア等そのまま放置すると、将来は脊柱管狭窄症に移行する事もあります。適切の治療が必要です。

骨折、脱臼

骨折、脱臼直接外力、介達外力にによる骨の構造の破壊を骨折といいます。
脱臼とは関節を構成する骨同士の関節面が正しい位置関係を失っている状態です。
骨折、脱臼ははただ痛みだけではなく、周囲の血管、神経の損傷を伴う事もあります。早く診断、治療しないと、将来の後遺症障害を残る可能性がありますので、至急の治療が必要です。

スポーツ外傷

スポーツ外傷野球肘、オスグット、靭帯関節損傷 等
スポーツ活動中、身体に急激な大きな力が加わっておこる不慮のケガを「スポーツ外傷」と言います。

リウマチ

代謝性関節リウマチは免疫異常を背景とし、関節滑膜を主な病変部位とする慢性炎症性疾患です。炎症所見が持続すると特徴的な関節破壊・変形をきたし、時に高度な身体障害に至る事もあります。
現在でも真の原因は不明ですが、何らかの遺伝的な背景と、ウイルスなどの環境因子が作用して、免疫異常をきたし、リウマチを発症すると考えられます。早期診断、治療が必要です。

代謝性(骨粗鬆症/痛風/偽痛風など)

代謝性骨粗鬆症は低骨量、骨梁構造の悪化が特徴で骨脆弱性が進行し、骨折しやすい状態にある全身的な骨疾患です。閉経後女性に好発し、運動障害の患者さんにも発生しやすいので、早めに積極的な治療が必要です。
日常的に多く見られるのは、橈骨遠位端骨折、大腿骨頸部骨折、胸椎、腰椎圧迫骨折、など。

痛風は生活習慣病の一種であります。プリン体の取りすぎ、または、代謝異常、排出障害による、尿酸が高くなって関節に沈着し炎症を起して発症します。
母趾の付け根、膝関節、肘関節などに多く発症します。

偽痛風はピロリン酸カルシウムの結晶によって起こる関節炎です。この結晶が軟骨に沈着するために、軟骨石灰化症とも呼ばれています。とくに膝関節に多く発症し、時に多関節に及ぶこともあります。

感染性

感染性細菌・結核・真菌などの感染による急性骨髄炎、化膿性関節炎、骨膜炎、などがあります。

腫瘍

腫瘍骨腫瘍、軟部腫瘍、良性腫瘍、悪性腫瘍、転移性腫瘍など
早期発見と治療が求められます。

介護

介護手続き指導、認定書類の記載、施設のご案内など。
患者様が安心して頂けるよう、当院でできる限りの取り組みをさせていただきます。

装具

装具採型、採寸、装具の装着の指導など。
装具とは、変形した体の一部を矯正したり、損した部分を補ったり、疼痛を軽減したりする目的で使われる道具のことです。様々な部位の様々な障害のために実にたくさんの装具が考案されています。
患者さんの状況に応じて対応致します。

外来手術

外来手術 当院で行える外科手術は下記の範囲となります。
巻き爪の根治、ばね指、脂肪腫、ガングリオン、粉瘤など。
近しい症状を感じた場合は、当院までお問い合わせください。

ページTOPへ戻る