内科
腰痛に悩んでいる方へ   漢方をご希望の方へ   針治療による診療について

内科

一般内科

一般内科 内科全般について、例えば風邪や生活習慣病(高血圧、高脂血症、糖尿病、動脈硬化症)など、適切な診断・治療・アドバイスをいたします。

様々な疾患の原因・診断・治療の十分な説明はもちろんのこと、皆様の体質や生活習慣等をふまえ、より健康的な暮らしができるようお手伝いさせていただきます。

花粉症

一般内科 「花粉症?風邪?」その初期症状はよく似ていると言われています。
その症状、風邪だと思ったら花粉症かもしれません。

●花粉症とはどんな病気か?
花粉の吸入性アレルゲンによるI型アレルギー反応が関係し、くしゃみ、水性鼻漏(すいせいびろう)、鼻閉(びへい)を3主徴とする疾患を、鼻アレルギーあるいはアレルギー性鼻炎と呼んでいます。花粉症は昭和30年代終盤に発見された比較的新しい疾患ですが、患者数は増える一方です。現在、日本人の4人に1人が花粉症だと言われています。

●花粉症の原因および症状
花粉が圧倒的に多く、飛散する季節は地方により多少のずれはあるものの、その種類によってほぼ決まっています。例えば、関東地方では、スギ花粉が1〜4月、ヒノキ花粉が5〜6月、カモガヤ花粉が6〜8月、ブタクサ花粉が8〜9月、ヨモギ花粉が8〜9月などです。
主な症状は、くしゃみ、水性鼻漏、鼻閉です。それ以外にも咽頭部や眼のかゆみや異物感、流涙、頭痛、皮膚炎のような症状などがあります。

●検査と診断
問診でアレルゲンと症状の関連性を検証することが大切です。
血液検査、血液内の好酸球、花粉に反応するIgE(特異的IgE)を調べます。皮膚テストも
あります。

●治療の方法
花粉症などの季節性アレルギー性鼻炎の場合には抗原除去は不可能ですが、外出時にマスクやメガネを使用すること、季節中は抗ヒスタミン作用のある抗アレルギー薬を定期的に内服すること、そして点鼻、点眼ステロイド療法が有効です。症状を軽くするため、早目の治療をお勧めます。
抗ヒスタミン薬の服用によって、自分では気づかないまま集中力や判断力、作業効率が低下してしまうことがあるので、抗ヒスタミン剤を処方してもらう際には必ず医師に相談するようにしてください。最近、新しい舌下治療法、注射法等もありますが、副作用、効果等観察する必要があります。

各種予防接種

各種予防接種当院では、各種予防接種のご依頼を受け付けております。
インフルエンザ、麻しん(はしか)、風しん、肺炎球菌ワクチンなど。
※ワクチンの注射は事前の予約が必要になりますので、
 御了承ください。詳細は当院へお問い合わせください。

各種予防接種(ワクチン注射)
肺炎球菌
子宮頸がんワクチン
麻疹ワクチン
風疹ワクチン
MRワクチン
A型肝炎ワクチン
B型肝炎ワクチン
日本脳炎ワクチン
破傷風ワクチン
インフルエンザワクチン

検診

特定検診健康診断ガン検診

当院では、健康診断やガン検診など行っております。
ガンは早期治療・早期治療が大切です。
検診・検査につきましてはスタッフまでお問い合わせください。

その他の診察について

ED(勃起障害)でお困りの方へ

当院正規のED剤1錠1,200円で提供しています。又、10錠以上は1,000円で提供致します。

当院では、薬、針、漢方薬の治療を行っているので、お気軽にお問い合わせ下さい。 お問い合わせ先:03-3888-5567

ページTOPへ戻る